検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メルマガ「検見川送信所J1AA通信  vol.1」発行

諸事情(単なる僕の怠慢)で、発行が遅れていたメールマガジン「検見川送信所J1AA通信  vol.1」を発行しました。

登録読者数は29人! ちょっと寂しいけど。

こうなったら、自分で言うしかないけど、結構、面白いです。

検見川送信所ストーリーでは、日本初の国際放送の裏側を、小説風につづっています。

2007/09/25 ●満月の夜に~検見川送信所ストーリー(1)の続きを書きました。

今後は77年前の物語をほぼ同じ日付で追っていきます。リアルタイム小説となるはずですので、イベントに参加してくださる方も、参加できない方も気持ち的に盛り上がれるはずです。

また、「検見川あの店この店」では、Go!Go!しんけみがわ! 新検見川地域情報の花園シンさんが、気になる検見川のおいしい店を紹介。第1回は「ふじ竹」さん。ここは漁師さんだった古民家を改造したおそば屋さん。初めてシンさんにお会いした時に、連れて行っていただき、僕もある種の感動を覚えたお店です。

イベント当日、打ち上げで使いたいと思ったのですが、昼間から貸切だとか。残念。もし、夕刻、運よく空くようでしたら、みなさんで行きたいなぁと思っています。

創刊号はこちらから読めます。興味を持てたら、登録してください。無料です。

読者数は少ないですが、早速、反響もいただきました。

ご本人のご了解を得て、紹介できれば、と思っています。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時~
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/14 オクトーバーランに参加しています






スポンサーサイト
  1. 2007/10/14(日) 00:00:00|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<河童の親子からいただいた検見川送信所のお酒 | ホーム | ●河童のいる検見川送信所>>

コメント

Re:メルマガ「検見川送信所J1AA通信  vol.1」発行(10/14)

僕のところにも、メルマガ、無事に配信されてきました。ありがとうございます。



かなり読み応えのある内容でしたねぇ!

さらに続きを早く読みたいです。



「ふじ竹」に行けないのは残念です。外観だけしか見ていませんが、お酒を美味しくいただけそうなたたずまいでした。

次回、必ず行きましょう!

  1. 2007/10/14(日) 22:54:30 |
  2. URL |
  3. まさやん0386 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:メルマガ「検見川送信所J1AA通信  vol.1」発行(10/14)

まさやん0386さん

>僕のところにも、メルマガ、無事に配信されてきま>した。ありがとうございます。



配送完了とメールが送られてくるのですが、実際はよく分からないので、報告していただけると、助かります。



>かなり読み応えのある内容でしたねぇ!

>さらに続きを早く読みたいです。



了解です。

頑張ります。



>「ふじ竹」に行けないのは残念です。外観だけしか>見ていませんが、お酒を美味しくいただけそうなた>たずまいでした。

>次回、必ず行きましょう!



2時から貸切らしいので、早く来ていただければ行けます。お昼を食べに出かけませんか?
  1. 2007/10/15(月) 02:21:21 |
  2. URL |
  3. 久住浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/tb.php/96-6d3f52ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。