検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●稲見一良「花見川のハック」

電車の行き帰りが読書タイムだったが、送信所イベントに合わせて、小説を書いたり、イベント用にブログの文章を書いていた。しばらく先もこんな感じだろう。

ちょっと活字に飢えていた。で、稲見一良さんの「花見川のハック」。ブログ仲間の慧俊さんに紹介された小説である。



残念ながら絶版。稲見さんは大阪出身でドキュメンタリーの監督などを経て、その傍ら、作家活動。千葉市花見川区を舞台(実名でないときもあるが、モデルであることは確か)に多くの短編小説を中心に書き、94年2月にガンの闘病の末、亡くなった。

僕はその名前すら知らなかったのだけど、ネット検索すると、「もっと知られてもいい作家」とみなさんが書いている。その通りだと思う。死後10年過ぎただけで、絶版がいくつもあるのは寂しい。そんな風に思ったのは僕だけじゃないようで、光文社文庫からは復刊もされている。

稲見さんの小説を単純に言えば、ハードボイルド・ファンタジー。銃、狩猟、焚火といった男くさい世界の中に、メローな世界が溶け込んでいて、読後感がいい。

最大の特徴は劇中に度々出てくる「鳥」に象徴される飛翔、飛躍だと思う。物語はハードボイルドで始まるが、最後は必ずといっていいほど飛翔する。文字通り、大空に飛び立つこともあれば、話のタッチがファンタジーに変わることもある。これは宮崎駿にも通じる世界だと思う。

それはガンに侵された男の願望でもあったのだろう。自由でありたい。そう思ったに違いない。あるいは、この世との惜別の思いのような気がする。

「花見川のハック」は晩年の作品で正直、その質を問えば、玉石混合かもしれない。しかし、そこには苦しみながらも生きようとした男の軌跡が描かれている。

父親として、ご子息に何かを残こそうとした意思がはっきり見える。すごく私的な物語、遺言集なんだろう。たが、ひとつの小説として成立しているのは、稲見さんの作家としての力量である。父としての思いには普遍性がある。

父と息子の関係を描く「煙」という短編のラストで、稲見さんはこう書く。

パパはそれから十年生きた。再発を繰返して、三度腹と胸を切った。パパは衰弱しきった顔でぼくを見詰めながら、
「ああおもしろかった」
と一言言って死んだ。


パパとは闘病する自分自身の姿である。これが死を覚悟して書いた晩年の作品だ。陳腐な言葉だが、すごいなと思う。こうはなかなか書けない。

稲見さんにとって、人生とはハードボイルドであり、夢のようなファンタジーだったのではないか。つまり、小説世界そのものが稲見さんなのだ。

僕のブログ読者は花見川区の方も多いので、最後に表題に触れたい。

検見川は「華見川」とも書く。つまり、検見川と花見川は同一の意味だ。この花見川は和歌に詠まれるなど町の歴史は古い。しかし、日本文学の中で検見川が登場することはほとんどなかったのではないか。

稲見さんは花見川の良さを見い出し、日本中に紹介した貴重な作家だ。その意味では花見川の住民にとって、大事にすべき作家だと思う。

「花見川のハック」は花見川をホームにする少年の不思議な冒険譚だ。ハックは主人公の名前であり、ハックルベリーに由来する。

稲見さんは花見川をミシシッピー川に例える。花島町の自然は美しく、雄大さも持ち合わせている。花見川区民なら、この小説を読めば、自分の町が好きになるだろうし、縁がない人なら花見川を見たいと思うだろう。

検見川送信所に続き、僕が掘り下げてみたいのが、この稲見さんなのだ。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所
日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」

10月27日(土)午後3時~、新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場

イベントの様子は11月14日(水)の「ニュースC-master(ニュース・シーマスター)」(月~金曜、夜9時から9時55分)で 約10分間、特集されます。千葉近県の方はぜひ見てください。

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/31 勝手口のペイビング



スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 00:01:00|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<検見川送信所イベント、NHKで放送へ | ホーム | 「知る」から「保存」へ~検見川送信所イベント懇親会>>

コメント

Re:●稲見一良「花見川のハック」(10/31)

本文中に引用までして頂き、ありがとうございます。



「宮崎駿にも通じる」という指摘には、確かにそうかもしれないと頷かされました。稲見さんは、もっと個人の生き方にライトが当たっている感じでしょうか。



作中に出てくる自然描写はどれも美しいと思います。大好きな作家ですが、絶版が多いので人に勧めづらいのが残念。玉石混合ですが「ダックコール」「ソー・ザップ」「ダブルオーバック」は、人による好みはあっても一定の評価が得られる作品だと思います。



復刊されて、もっといろんな人(特に花見川流域の方!・笑)に読まれるといいなぁと思います。
  1. 2007/11/01(木) 00:08:14 |
  2. URL |
  3. 慧俊 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:●稲見一良「花見川のハック」(10/31)

慧俊さん

>本文中に引用までして頂き、ありがとうございま

>す。



いやいや、いい作家を紹介していただき感謝です。



>「宮崎駿にも通じる」という指摘には、確かにそう>かもしれないと頷かされました。



分かりやすく伝えるために、引き合いに出しました。稲見作品はほとんどが飛ぶ話なんですよね。「ハック」もそうなんですけど、最後に入っている短い散文はまさにそうなんですよね。



>稲見さんは、もっと個人の生き方にライトが当たっ>ている感じでしょうか。



宮崎さんより稲見さんのほうが男くさい。主人公に自分というものが託されている気がします。



>作中に出てくる自然描写はどれも美しいと思いま

>す。大好きな作家ですが、絶版が多いので人に勧め>づらいのが残念。



いやぁ、薦めましょうよ。きっとこれも復刊しますよ。いやさせましょう。



>玉石混合ですが「ダックコール」「ソー・ザップ」>「ダブルオーバック」は、人による好みはあっても>一定の評価が得られる作品だと思います。



「ソー・ザップ」「ダブルオーバック」は未入手です。探さなきゃ。



>復刊されて、もっといろんな人(特に花見川流域の>方!・笑)に読まれるといいなぁと思います。



稲見一良の舞台を探すサイクリングなんてやってみたいです。



そうそう、「ガンロッカーのある書斎」を読んでいるのですが、解説を内藤陳さんが書いています。やっぱり、新宿の「深夜+1」に行きましょう!
  1. 2007/11/01(木) 00:19:52 |
  2. URL |
  3. 久住浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:●稲見一良「花見川のハック」(10/31)

「ああおもしろかった」私もそう言って死ねたら良いな。



高杉晋作の辞世の句と言われている句を、思い出しました。「面白き こともなき世に 面白く」続けて野村望東尼が「すみなすものは 心なりけり」と付け加えたそうです。以下でサラッと紹介されています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212514727" target="_blank">http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212514727



それには、おもしろき日々の生活の積み重ねが大事ですね。何がおもしろいかは人それぞれ。



久住浩さんが、稲見さんと花見川を掘り下げて、又ご紹介下さるのを楽しみにしています。そういえば知人の祖先が、その昔、花見川の工事をする為、千葉にやって来て、検見川一丁目に住み着いたと、聞いた事があります。
  1. 2007/11/01(木) 18:51:52 |
  2. URL |
  3. ソフィア #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:●稲見一良「花見川のハック」(10/31)

ソフィアさん

>「ああおもしろかった」私もそう言って死ねたら良>いな。



「おおおもしろかった」と言って死ぬ友の会にご入会ありがとうございます。会員ナンバーは2番になります(笑い)。



村上春樹氏だったら、こう返事をするんでしょうね。



冗談はさておき、本気で「ああおもしろかった」といって死にたいですね。できれば、老衰で苦しまずに。



>高杉晋作の辞世の句と言われている句を、思い出し>ました。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212514727" target="_blank">http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212514727



拝見しました。激動の時代に生きた高杉ならでは、の言葉かもしれませんが、どの時代も振り返ってみれば、「激動の時代」だったのでしょうね。



>それには、おもしろき日々の生活の積み重ねが大事>ですね。何がおもしろいかは人それぞれ。



人それぞれではありますが、面白いことには、いくつかの条件があるように思えてなりません。



まず、夢があること。そして、その夢に実現性があること。どんなに素晴らしい夢であっても、非現実的だったら、あまり面白くないんだと思います。検見川送信所のことも同じようなことがいえるでしょうね。話がそれましたけど。



>久住浩さんが、稲見さんと花見川を掘り下げて、又>ご紹介下さるのを楽しみにしています。そういえば>知人の祖先が、その昔、花見川の工事をする為、千>葉にやって来て、検見川一丁目に住み着いたと、聞>いた事があります。



それは面白いですね。西部の開拓民みたいです。川の下には航空燃料を成田に送るためのパイプが走っているそうですね。自転車で走っているときに、タンクみたいところを見つけました。写真も撮りましたが、これはあまり所在を明らかにしないほうがいいんでしょう。



最後まで話がそれて続けました(汗)。
  1. 2007/11/02(金) 08:54:26 |
  2. URL |
  3. 久住浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/tb.php/65-60eb6f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。