検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遺構を行く~検見川送信所2007夏PART3

この記事のタイトル「検見川送信所2007夏」には僕なりの思いがある。


敷地内にある農園に咲いていた咲き終わり気味のヒマワリ

ここは残すだけの大きな意味もあると思う。

世界へ文化を発信する施設にしてほしい。美術、音楽、映像、写真。それらが楽しめる場所になれば。

かつて戦争の始まりを告げた場所がアートの発信基地に生まれ変わる。どうだろう?

しかし、それにはどうするべきなのか、僕にはいいアイデアが浮かばない。声を大きくすれば、それは届くのかもしれない。

もし、取り壊しとなり、消えてしまった時も、「2007夏には検見川送信所は確かにあった」ということを確実に残しておきたかった。

ここは廃墟マニアには知られた場所で、ネット上にも数々の写真が載っている。それらと合わせて、どんな意味を持つ場所なのか、思ってくれたら。

参考にさせてもらったサイトをいくつか紹介します。

検見川無線送信所あれから21年
同所にお勤めされていた方の回顧録。時代背景、73年当時の貴重な写真も伺うことができます。

検見川送信所
現役時代、92年当時の写真などを掲載。建築家・吉田鉄郎氏の紹介も。

アートプロジェクト検見川2000
実際に2000年にはアートイベントが行われたようです。



建物の前は高台になっていた。ここがアンテナの跡だとすぐに分かった。左には幕張の高層ビルがチラリと見える。

さて、僕は可能な限りの接近を試みた。ここはどの部分に当たるのだろう。



一見、無骨なコンクリート造りに見えながらも、丸みを帯びているところが、この建物のユニークなところだ。手すり、ひさしに柔らかさを感じる。

これから書くことは少々ためらいがあるが、記録として書いておこう。

もっと近くへ行こうと思ったが、僕の体に異変が。うっすら頭痛を覚えたのだ。ほかと違う空気を感じた。こんな経験は初めてだった。取り残された土地、建物は空気が循環しない。その結果、土地自体が不健全となり、邪気を呼び寄せてしまうのだろう。

僕は、この場を離れることにした。また今度だ。しかし、この姿を見せてくれるだろうか?



今回の写真ギャラリーはこちら

写真は30DCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 59,810円 (税込 62,800 円)


EOS 30D ボディ
当社販売価格 122,800円 (税込128,940円) 送料別







去年の日記は?


2006/07/12 バックヤードシェードを撤去




スポンサーサイト
  1. 2007/07/12(木) 00:02:00|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<戦争遺構を行く~第一鉄道連隊の演習地 | ホーム | ●検見川送信所跡2007夏PART2>>

コメント

古地図の中の送信所

この送信所は、松井天山が昭和5年に描いたイラスマップ「千葉県検見川鳥瞰図」にも描かれています。

(以下、お風呂屋さんの記事の中に、画像置いています。クリックで拡大します)

http://gogoshinkemigawa.blog42.fc2.com/blog-entry-156.html" target="_blank">http://gogoshinkemigawa.blog42.fc2.com/blog-entry-156.html

画像が充分に大きくなく、見にくいんですが、右上の方にアンテナが見えます。
  1. 2007/07/14(土) 20:35:24 |
  2. URL |
  3. シン #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:古地図の中の送信所(07/12)

シンさん

>この送信所は、松井天山が昭和5年に描いたイラスマップ「千葉県検見川鳥瞰図」にも描かれています。

>(以下、お風呂屋さんの記事の中に、画像置いています。クリックで拡大します)



http://gogoshinkemigawa.blog42.fc2.com/blog-entry-156.html" target="_blank">http://gogoshinkemigawa.blog42.fc2.com/blog-entry-156.html

>画像が充分に大きくなく、見にくいんですが、右上の方にアンテナが見えます。



情報ありがとうございます。

四方を囲まれたところが送信所ですか?

この地図は面白いですね。

大変興味深く拝見しました。
  1. 2007/07/14(土) 20:59:34 |
  2. URL |
  3. 久浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/tb.php/288-68e7c058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。