検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●鉄道連隊の回想録~「戦場にかける橋」

午前中、台風の影響で雨。自転車で出かけることもできないので、中央図書館に出かけた。

「千葉空襲写真パネル展」という企画展を行っていた。パネル自体は千葉市が発行している冊子(ネットでもPDFファイルで読むことができる)の拡大版といった内容だが、参考文献なども自由に読めるようになっている。

その中に鉄道連隊OBによる回想集があった。題名は忘れたが、創立百年を記念して作られたもので、わら半紙を折って、冊子にしたものだった。

ちょうど鉄道連隊について書いたばかりということもあって、パラパラとめくってみた。残念ながら閲覧のみ、コピー不可だった。

ご年配なので、少し文語調。しかも一般の方が書かれているということもあり、決して読みやすくはないのだが、その分、生々しく、興味深かった。

鉄道連隊は日清戦争後にその前身が作られ、1907年10月に連隊に昇格。08年11月に連隊本部と第1大隊が千葉町椿森に置かれた。国内外の鉄道建設を行ったが、一番有名なのは、連合軍による泰緬鉄道の橋爆破を描いた映画「戦場にかける橋」での姿かもしれない。


泰緬鉄道をゆく


DVD 戦場にかける橋 (7/25 発売予定)

この回想録の中で、ある人は、この映画について怒る。

この映画は小説が原作だが、事実よりもフィクションの方が有名になってしまった。この映画では日本人は無能のごとく描かれた。それが無念でならない、と。

確かにこの方の怒りは分かる。

原作者ピエール・ブールは有色人種に捕虜になり、懲罰による屈辱を受けたことが悔しかったようで、その恨みを小説にぶつけたらしい。

映画化にあたっては日本人との友情に似た感情が生まれるとの描写に不満を持ち、後年、SF映画「猿の惑星」で、日本人を猿として描くことで鬱憤を晴らしたという説も。ってことは原作よりは映画の方がマシな描き方のようだ。

ちなみに、「猿の惑星」。チャールトン・ヘストン版はこちら。


猿の惑星

ティム・バートン版はこちら。


<新生 BEST HITS>PLANET OF THE APES[DVDソフト] 猿の惑星

また、英捕虜との思い出を書いたものもあった。なんとなく「戦場のメリークリスマス」を連想する。

同じく泰緬鉄道に従事していた方の話。

捕虜のリーダーに、日本語も少しできて、人なつっこい笑顔を浮かべるイギリス人がいたそうだ。

ある日、身の上話をする。

「貴様の階級は何か?」
「アナタサマサマ、ワタシはスコシスコシ士官ネ」
スコシスコシ士官。つまりは見習い。

徴集された彼は出兵後すぐに捕虜になったという。国に帰れば、士官の階級は保証されているのだという。

筆者も、徴兵された身。職業軍人ではなかった。家に帰れば、普通の男に戻る。敵ながら、親しみを覚えた。

以来、彼は筆者を「レフテナント(中尉)」、筆者は彼を「サマサマ」と呼ぶようになる。出会ったときは、戦況がそれほど緊迫していなく、「元気か?」「大丈夫ね」なんていう会話も日常的に飛び交ったようだ。

ある時、連合軍の空軍による攻撃を受ける。今までにない超低空飛行だ。

筆者は、日本人にはジャングルの中に隠れるよう、捕虜たちには路盤の上でじっと動くなと命令した。

飛行機はジャングルの方へ掃射する。そして、2回目。しかし、3回目の攻撃で突然、違う方向を銃を向けた。そして、4回目の攻撃を終えると、去っていった。

敵機の思わぬ方向転換は、サマサマが機転を効かせて、違う方向を指さしたからだった。筆者を助けたのだ。

筆者はサマサマの人間的な大きさに感服する。本来ならば、逆の行動もあったはず。しかし、この件について、サマサマとは話せなかった。すれ違ったときに以心伝心で通じるものがあったと振り返る。

その後、別の現場で再会したが、戦況は厳しく、捕虜と気楽に会話できるような状況ではなかった。その後のサマサマの行方は知らないが、鉄道連隊というと、真っ先に彼のことを思いだす、と文を締める。

回想録の題材としてはユニーク。普通だったら、戦友との思い出を書くだろう。

「戦場にかける橋」に悔しいと思うのも、真実ならば、敵に友情を覚えるというのも真実なのだ。







去年の日記は?


2006/07/15 3mプール!



スポンサーサイト
  1. 2007/07/15(日) 21:30:07|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<●フリー古地図を探す | ホーム | 戦争遺構を行く~第一鉄道連隊の演習地>>

コメント

Re:●鉄道連隊の回想録~「戦場にかける橋」(07/15)

そう、鉄道連隊というと「明日に架ける橋」の泰緬鉄道ですね。もう代名詞のようになっていると思います。

米英兵士の捕虜が総動員され、それはそれは過酷を極めた状況だったようですが、

戦争というのは勝っても負けても、末端の兵士にとっては地獄だと思います。



ところで「千葉にも空襲があったんや~」と一瞬思いましたが、

鉄道連隊といい、それこそ軍事施設がいっぱいあったんでしょうから、

空襲を受けて当然だったんですね。

  1. 2007/07/15(日) 19:57:32 |
  2. URL |
  3. まさやん0386 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:●鉄道連隊の回想録~「戦場にかける橋」(07/15)

うちの近所にも図書館はありますが、

何か興味を惹くイベントをやっていたりするのだろうか?

子ども向けのイベントなら聞いたことがあるのですが。。。



それにしても久浩さんは、とっても文化的な生活を

送っていらっしゃる。

私も休日は久浩さんのように、有意義に過ごしたいものです。

実際には、休日は音楽活動でてんやわんやになっています。。。

指揮者として指導をする立場ですが、たまにじっくり

ネタを仕入れる時間がないと、指導も薄っぺらくなってしまいます。

  1. 2007/07/15(日) 20:31:06 |
  2. URL |
  3. 音楽と薔薇☆うっちい #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:●鉄道連隊の回想録~「戦場にかける橋」(07/15)

まさやん0386さん

>そう、鉄道連隊というと「明日に架ける橋」の泰緬鉄道ですね。もう代名詞のようになっていると思います。



それくらいしか思い浮かびませんね。



「「戦場にかける橋」のウソと真実」という単行本も出ているようですが、既に廃版のようです。



>米英兵士の捕虜が総動員され、それはそれは過酷を極めた状況だったようですが、

>戦争というのは勝っても負けても、末端の兵士にとっては地獄だと思います。



そうですね。かなり切羽詰まって作ったようなことが書かれていました。鉄道屋気質の人々にとっては不本意な仕事だったようですね。本に書いてありました。



>ところで「千葉にも空襲があったんや~」と一瞬思いましたが、

>鉄道連隊といい、それこそ軍事施設がいっぱいあったんでしょうから、

>空襲を受けて当然だったんですね。



その通りです。東京大空襲が昭和20年3月にあり、その後、空襲は地方都市に移っていきます。千葉空襲は6月と7月の2度行われました。最初は日立の飛行機工場(現在JFE=川鉄の名称の方がなじみがありますが)、二回目は7月6日深夜(7月7日未明)に行われたことから、七夕空襲と言われていたそうです。



リーフレットのダウンロード先を加筆しました。興味があれば、チラリ見てください。
  1. 2007/07/15(日) 21:34:08 |
  2. URL |
  3. 久浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:●鉄道連隊の回想録~「戦場にかける橋」(07/15)

日本人は、なぜ戦争が起こったかなど、もっと知るべきですよね。私は東京裁判を読んだとき、勝った国が負けた国を裁くのはすごい矛盾を感じました。

愛国心をもっともちたいです。決して右の人間ではないですよ^^
  1. 2007/07/15(日) 21:39:43 |
  2. URL |
  3. mokomamako #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:●鉄道連隊の回想録~「戦場にかける橋」(07/15)

音楽と薔薇☆うっちいさん

>うちの近所にも図書館はありますが、

>何か興味を惹くイベントをやっていたりするのだろうか?



中央図書館は生涯学習センターと同じ施設なので、企画展はこちらのものだったようです。



>子ども向けのイベントなら聞いたことがあるのですが。。。



読み聞かせ会などは行われていますよね。



>それにしても久浩さんは、とっても文化的な生活を

>送っていらっしゃる。



いやぁ、行くところもお金もなかったので(汗)。



>私も休日は久浩さんのように、有意義に過ごしたいものです。

>実際には、休日は音楽活動でてんやわんやになっています。。。



十分文化的で有意義のように思えます。



>指揮者として指導をする立場ですが、たまにじっくり

>ネタを仕入れる時間がないと、指導も薄っぺらくなってしまいます。



確かに、ネタの仕入れは大事ですね。僕は仕入れては、吐き出します。書くと忘れないんですよ。消化している時間はないかも(汗)。
  1. 2007/07/15(日) 21:40:24 |
  2. URL |
  3. 久浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:●鉄道連隊の回想録~「戦場にかける橋」(07/15)

mokomamakoさん

>日本人は、なぜ戦争が起こったかなど、もっと知>るべきですよね。



今更ながら、学んでいるところです(汗)。



これは学校教育の問題でもあると思うのです。近代史がいつも後回しになる、やり方がおかしいんじゃないかと思います。



先に近代史を学ばせて、後に戻せばいいのです。



>私は東京裁判を読んだとき、勝った国が負けた国>を裁くのはすごい矛盾を感じました。



僕はドキュメンタリー映画「東京裁判」を見ました。DVDも持っているんですよ。これは、なかなか見ごたえがあります。



それで、勝者の裁きですが、おっしゃるとおりで勝てば官軍、負ければ賊軍的な考えは安直ですね。



米国は本土攻撃を早期終戦のためと肯定しますが、けして正しいとは思えません。原爆投下もドイツ、イタリアだったら行ったでしょうか?

日本人だから落としたのでしょう。



それを肯定するバカな大臣がいたのには呆れますね。



>愛国心をもっともちたいです。決して右の人間で>はないですよ^^



僕もそう思います。愛国心を持つことは当たり前のことです。
  1. 2007/07/15(日) 22:04:39 |
  2. URL |
  3. 久浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

リーフレット見ました

久浩さん>



>リーフレットのダウンロード先を加筆しました。興味があれば、チラリ見てください。



拝見しました。千葉市街の歴史もかいま見られ、とっても参考になりました。

昔と今の対比写真がやっぱりそそりますね。

それにしても、やっぱり戦争の悲惨さを改めて思いました。

  1. 2007/07/15(日) 22:07:09 |
  2. URL |
  3. まさやん0386 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:リーフレット見ました(07/15)

まさやん0386さん



>拝見しました。千葉市街の歴史もかいま見られ、とっても参考になりました。



わざわざありがとうございます。



>昔と今の対比写真がやっぱりそそりますね。



4ページに地図が載っていたと思いますが、これを見ると、完全に軍事都市ですよね。しかし、こんな大事なことも小中学校では教えてもらえませんでした。

対比写真は5ページだったでしょうか。

ここにある写真は多分、今後、僕のブログで出てきます(笑)。



>それにしても、やっぱり戦争の悲惨さを改めて思いました。



七夕空襲後の写真は唖然とします。本当に焼け野原ですから。
  1. 2007/07/15(日) 22:19:00 |
  2. URL |
  3. 久浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/tb.php/283-b291f3f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。