検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●フリー古地図を探す

松井天山という人が書いた千葉の俯瞰図がある。

Go!Go!しんけみがわ! 新検見川地域情報さんのブログでは昭和5年に書かれた検見川の俯瞰図を拝見することができる。

これが面白い。変わっているところもあり、変わっていないところもあり。先日、紹介した検見川送信所もしっかり載っている。



千葉県市街鳥瞰図
本体価格 45,000円 (税込 47,250 円)

↑これには千葉県下の26図案が載っているらしい。興味津々だが、高くて手が出ない。どうやら、市内の図書館では貸し出しはできないが、閲覧できる。

そんなわけで古地図に興味を持ったのだが、手に入るものは少ない。しかし、ネットでこんなものを見つけた。

テキサス大学地図コレクション

世界中の著作権フリーの地図を集めたものだ。日本の都市の地図もある。どれも権利切れだから、安心してブログでも使えるというわけだ。

米軍が作成したJapan City Plansには、1945年当時の千葉市街地もあった。こちら(3.0MB)。

下の地図は、千葉駅周辺をトリミングしたものだ。



中央にある十字の下が千葉駅。その上の椿森には鉄道連隊の施設。

先日、紹介したコンクリートの2つ橋脚は赤く印の位置にある。



脚注によれば、1945年4月に撮影した航空写真を基にしている。この地図一帯は同年6、7月の千葉空襲の被災地域。まさにこのために作られたものだということが分かる。

古地図を探そう。







去年の日記は?


2006/07/16 石窯でキムチピザ




スポンサーサイト
  1. 2007/07/16(月) 00:01:00|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<近代化遺産・検見川送信所は取り壊しでいいのか? | ホーム | ●鉄道連隊の回想録~「戦場にかける橋」>>

コメント

Re:●古地図を探す(07/16)

テキサス大学地図コレクション!

これはとても貴重な情報をありがとうございました。

さっそくアクセスしてみましたが、居住地隣の川越やさらには大宮があったり、母親の故郷である鳥取・米子の地図があったりと、さっそく60年前の地図を楽しみました。

それにしてもすごいのは、当時、敵国である米国が日本のここまで詳細な地図を書いていた、という情報収集能力と技術力です。

改めて、とんでもない国に戦争をふっかけていたんだな、という思いをいたしました。

趣味的には、どうしても鉄道路線に目がいくのですが、線路幅の違いすら地図に表しているのは、あっぱれと言うほかありません。

  1. 2007/07/17(火) 00:21:18 |
  2. URL |
  3. まさやん0386 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:●古地図を探す(07/16)

まさやん0386さん

>テキサス大学地図コレクション!

>これはとても貴重な情報をありがとうございました。



これまさやんさんにお伝えしなければ、と思い書きました(笑)。

多分、気に入ってもらえるはずだ、とね。



>さっそくアクセスしてみましたが、居住地隣の川越やさらには大宮があったり、母親の故郷である鳥取・米子の地図があったりと、さっそく60年前の地図を楽しみました。



かなり大きいので、詳細に楽しめますよね。



>それにしてもすごいのは、当時、敵国である米国が日本のここまで詳細な地図を書いていた、という情報収集能力と技術力です。



空撮の力ですね。



地図コレクションの中には、空爆を受けた日本の地図もあるのですが、そこに出てくる都市の地図は全部あるはずですよ。



>改めて、とんでもない国に戦争をふっかけていたんだな、という思いをいたしました。



そうですね。僕は日本製の古地図も図書館で調べてみましたが、こちらの方が詳しい部分もあります。不明な部分には、probaleなんて書かれていましたけど。



戦争遺構を辿るにはいい資料になりそうです。



>趣味的には、どうしても鉄道路線に目がいくのですが、線路幅の違いすら地図に表しているのは、あっぱれと言うほかありません。



そうでしたね。軽便用の60センチサイズと1メートルサイズはかき分けられていますね。
  1. 2007/07/17(火) 00:39:57 |
  2. URL |
  3. 久浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

古地図

この「千葉県検見川町鳥瞰図」のオリジナルは成田仏教図書館蔵となっています。(同じく幕張のも)

また松井天山の描いた「千葉県稲毛海水浴場鳥瞰」地図は個人蔵ですが、多田屋でレプリカを購入できるそうです。(あれ、検見川のだったかな?)

この地図に描かれたイチョウや、蛇松など、今でもありますから、地図を見ながら歩くと楽しいですよ♪

  1. 2007/07/17(火) 00:55:31 |
  2. URL |
  3. シン #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:古地図(07/16)

シンさん

>この「千葉県検見川町鳥瞰図」のオリジナルは成田仏教図書館蔵となっています。(同じく幕張のも)



検索していたら、成田仏教図書館という名前を満田のですが、やはり!



>また松井天山の描いた「千葉県稲毛海水浴場鳥瞰」地図は個人蔵ですが、多田屋でレプリカを購入できるそうです。(あれ、検見川のだったかな?)



ぜひ欲しいですね。シンさんの多田屋で購入したという記述を読んで稲毛駅前の多田屋に行ったのですが、扱っている感じがしませんでした。店員さんに聞いてはいないのですが。



検見川にある多田屋には売っているのでしょうか。



>この地図に描かれたイチョウや、蛇松など、今でもありますから、地図を見ながら歩くと楽しいですよ♪



それは面白いですね。ともかく探してみます。入手先をご存じでしたら、教えてください。
  1. 2007/07/17(火) 01:06:05 |
  2. URL |
  3. 久浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

過去と現代の鳥瞰図

Google Earth ですが、こんなのがあるとは知りませんでした!



1. サイドバーの「レイヤ」の中から「特集コンテンツ」を選択(「+」ボタンをクリック、または「特集コンテンツ」をダブルクリック)。

2. 「特集コンテンツ」の下の階層にある「ラムゼイ歴史地図コレクション」を選択(「+」ボタンをクリック、または「ラムゼイ歴史地図コレクション」をダブルクリック)。

3. ラジオボタンの「東京 1680」を選択(クリックしてチェック)。

4. 「東京 1680」のフォルダ(または文字列)をダブルクリック。



(google earth が起動して地球がぐわっと廻りながら出てくる時には、いつもわくわくしてしまいます。)



ラジオボタンの「地図を非表示」を選択すると、古地図が消えて、現在の地図が見えます。



  1. 2007/07/17(火) 01:07:22 |
  2. URL |
  3. シン #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:過去と現代の鳥瞰図(07/16)

シンさん

>Google Earth ですが、こんなのがあるとは知りませんでした!



僕も知りませんでした。さっそくやってみます。面白そうですね。
  1. 2007/07/17(火) 01:11:16 |
  2. URL |
  3. 久浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:古地図(07/16)

>検見川にある多田屋には売っているのでしょうか。



稲毛の多田屋です。検見川にも多田屋ありますか?

私は買ってないのです。

この話をしたら見つけて買った人が教えてくれました。彼は稲毛の多田屋で買ったと言っていました。



私が持っているのは、検見川商店会「やあびな」が作った、検見川の加盟店リスト&マップの表紙が検見川の古地図になってるやつです。

これは厚紙で広げるとA3版ですが、多田屋の古地図はもっと大きいそうです。



検見川の河内屋という菓子屋が以前HPでこの地図を公開してましたが、HPがなくなってしまいました。



検見川公民館入ってすぐ左の部屋には、この地図のコピーや昔の写真が展示されています。
  1. 2007/07/17(火) 20:43:24 |
  2. URL |
  3. シン #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[2]:古地図(07/16)

シンさん

>>検見川にある多田屋には売っているのでしょうか。



>稲毛の多田屋です。検見川にも多田屋ありますか?



ないですね。稲毛の多田屋にはなかったので、そちらにある店舗ではあるのかと勝手に想像しました。

今度、店員さんに聞いてみますね。



>私は買ってないのです。

>この話をしたら見つけて買った人が教えてくれました。彼は稲毛の多田屋で買ったと言っていました。



なるほど。



>私が持っているのは、検見川商店会「やあびな」が作った、検見川の加盟店リスト&マップの表紙が検見川の古地図になってるやつです。



それはまだ入手可能なんでしょうか?



>これは厚紙で広げるとA3版ですが、多田屋の古地図はもっと大きいそうです。



ますます見たくなりますね。



>検見川の河内屋という菓子屋が以前HPでこの地図を公開してましたが、HPがなくなってしまいました。



残念です。



>検見川公民館入ってすぐ左の部屋には、この地図のコピーや昔の写真が展示されています。



接写させてもらうという手もありますね。今度聞いてみます。



稲毛版も見たいものです。



グーグルアースの江戸は試してみましたよ。面白いですね。



ついでに検見川送信所の俯瞰を始めてみました。今より、緑が少ないです。季節もあるんでしょうけど。写真データ自体は2年くらい前のものでしょうね。



花見川のヴァーチャル川下りなんかも面白いですね。
  1. 2007/07/18(水) 00:06:55 |
  2. URL |
  3. 久浩 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/tb.php/280-d9cc85f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。