検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●安藤忠雄氏の近代化遺産の考え方~「連戦連敗」より

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


連戦連敗
本体価格 2,400円 (税込 2,520 円)

安藤忠雄氏の「連戦連敗」から、近代化遺産に関することを書こうと思ったのだが、違う話になってしまったので、改めて。同書では、近代化遺産という言葉はでてこないが、そうとらえても間違いないと思う。

安藤氏が手掛けたものの中に同潤会アパートの再建がある。ここは日本の集合住宅の先駆けとなった貴重な建物。取り壊して、まったく新しいものを作るというアイデアもあるが、安藤氏は古い建物、風景を生かし、再現する道を選んだ。

住民説明会にも出席するが、半分以上の住民の反対を受ける。彼らは住む人間として、旧アパートの不便さを味わってきたからだった。

古い貴重な建物だから残そうというのは簡単だが、住民あっての建物。理想と現実には大きな壁がある。

この後、同潤会アパートは昨年2月、表参道ヒルズとしてオープンしたが、この本が出た2001年当時は悪戦苦闘の日々だった。

安藤氏は「どれだけ効率が悪くなろうとも、また歴史家が納得するような完璧な結果を出せなくとも、建物の記憶を残していくという、この主題だけは、その可能性を探し続けたいと思っています」と書いている。

さらに旧いものをいかに残し、生かしていくかは世界的な流れであり、こうした議論は日本でも建築・都市を考えていく上で大事な位置を占めるという。

スクラップ&ビルドから、修復・保存へ。これは建築業界には厳しい未来を意味するが、安藤氏は日本にも起こりつつある新しい流れを歓迎している。

しかし、スクラップ&ビルドという考えは日本人には強く根付いていており、修復再生には、よほどの覚悟がないと難しいともいう。

安藤氏は60年代から過去の遺産を新しい時代に有効利用することを提言してきた。しかし、それはほとんど顧みられることはなかったという。

1995年の阪神大震災では多くの建物が壊れた。中にはまだ修復可能な美しい民間の建物があったそうで、修復を呼び掛けたが、企業は提言を煙たがっただけで、建物は取り壊されていった。震災からの復興という深刻な事態があったとはいえ、何とももったいない。

建物は都市の記憶であるだけでなく、人々の精神面にも大きな影響を与えると僕は思う。

古くなったから棄てればいい。こんな都市形成は若者への影響者たちの弱者への犯罪は、がまったくないと言えるだろうか。

近代化遺産は、僕ら父、母、祖父、祖母たち時代の人々の生きた証だ。

ところで、先日、訪れた市民ネットではこんな話も耳にした。

検見川神社の流れを組む宮野木甲神社のご神木が勝手に伐採された、というものだ。

隣は宅地開発をしており、木下工務店など複数の会社が地権者。山口住販という不動産業者が一戸建て建築にあたって、切ってしまったのだ。

問題の土地はホームページでも売り出し案内が出ている。

ブログ甲大神御神木伐採事件に詳しい。

宅地の名前は宮野木ウッドタウン。このネーミングはブラックジョークなんだろうか?

恥ずかしながら、僕はまったく知らなかったが、今年初めのことだそうで、フジテレビのニュースで取り上げられるなど話題になったらしい。建築物だけじゃなく、ご神木までか、という思いだ。

楽天で安藤忠雄を探す。









去年の日記は?


2006/8/25 北欧インテリアの宝庫「TIMBER YARD」@稲毛海岸



スポンサーサイト
  1. 2007/08/24(金) 00:01:00|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<●安藤忠雄「連戦連敗」 | ホーム | ●市民ネットいなげへ行政相談>>

コメント

Re:●安藤忠雄氏の近代化遺産の考え方~「連戦連敗」より(08/24)

ドイツやイギリスは旧い建物が規制によって保護されています。これは住民に対しては不便を強いることにもなるのかも知れませんね。



ドイツで保護されているのは、基本的には外観のようで、中は極端に言えばリフォームし放題だったように見えました。



古めかしい外観に似合わず、住宅設備は最新のものが整っていて快適性はあったように思います。





なにを残して、なにを変えるのか?住民への負担を減らす方策も一緒に考えていかないと、旧いものを次の世代に残していくことは難しいのかも知れませんね。
  1. 2007/08/25(土) 06:12:39 |
  2. URL |
  3. しぇるぽ911 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:●安藤忠雄氏の近代化遺産の考え方~「連戦連敗」より

しぇるぽさんへ

建物の保存への日欧の取り組みの違いは、歴史に負う部分が大きいですね。

東京で言えば、江戸時代から火事で家屋を失ってはまた作る、という感じ。だから、はなっからスクラップ&ビルドの考えで作られていますよね。

ドイツの建物の外は古くて、中は最新というのはクールな感じですね。

建物や景観を残すというのは国の施策ではありますが、市民への教育、彼らの理解もちゃんとしているのでしょうね。
  1. 2007/08/25(土) 09:35:26 |
  2. URL |
  3. ショコタ #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:安藤忠雄氏の近代化遺産の考え方~「連戦連敗」より

甲大神御神木伐採事件ブログの管理人です。

ご紹介ありがとうございます。

一応、擁護しておきますとご神木伐採の主犯は山口住販という中央区の千葉地裁の近くにある業者です。

話は変わりますが、何年か前に検見川送信所を外見だけ見に行ったことがあります。その時も周りがかなり開発されてて、いつか取り壊されるのかなあ、なんて思ってましたが、本当に壊されてしまうのか心配です。

  1. 2007/08/26(日) 00:54:26 |
  2. URL |
  3. 8XMNToTu #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:安藤忠雄氏の近代化遺産の考え方~「連戦連敗」より(08/24)

8XMNToTuさん

>甲大神御神木伐採事件ブログの管理人です。

>ご紹介ありがとうございます。



>一応、擁護しておきますとご神木伐採の主犯は山>口住販という中央区の千葉地裁の近くにある業者>です。



業者3社が”同罪”というわけではない、という認識なのですね?



ご指摘を受け、少し訂正・加筆しました。



>話は変わりますが、何年か前に検見川送信所を外>見だけ見に行ったことがあります。その時も周り>がかなり開発されてて、いつか取り壊されるのか>なあ、なんて思ってましたが、本当に壊されてし

>まうのか心配です。



僕も外観しか知りません。中もどうなっているのか知りたいですよね。



もし、よろしければ、リンクを貼ってくださると幸いです。地道ながら活動しています。
  1. 2007/08/27(月) 13:22:14 |
  2. URL |
  3. shocota #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/tb.php/201-404dc666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。