検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千葉市文化財保護審議会とは

千葉市地域文化財の俎上に上がった検見川送信所は今後、所有者、歴史的な事実の確認を行ったうえ、千葉市文化財保護審議会で諮問・答申されます。

本日、ある関係者からご連絡をいただきました。

その方は「これで検見川送信所が文化財として認められないのなら、一体何が文化財に指定されるのか疑問に思う」と言っていました。好感触です。

さて、その文化財保護審議会とはどんな会なのか?

少し調べてみました。市議会での教育次長の発言によれば、委員は9人。しかし、ネット上で確認する限り、8人でした。確認する必要がありそうです。

著書などをお持ちの方はアマゾン取り扱いの書籍を紹介しています。また、ホームページなどをお持ちの方はリンクを貼らせていただきました。古代から近世までのスペシャリストがいらっしゃいます。

委嘱期間(平成19年6月1日~平成21年5月31日)

段木一行会長( 学識経験者)



神谷 紀雄 副会長(工芸家)

日本工芸会正会員
伝統工芸新作展無鑑査
千葉県美術会常任理事

ラベルデザイン 日本工芸会 会員 陶芸家 神谷紀雄氏


池田 伊予(彫刻家)

岡本東三(大学教授)



久留島浩(国立歴史民俗博物館歴史研究部教授)=専門・近世




高桑守(大東文化大学国際関係学部教授)=民俗学

橋本裕之(大学教授)
1961年大阪府生まれ。文学博士。
国立歴史民俗博物館助手、ミシガン大学日本研究センター客員教授などを経て、現在、千葉大学文学部日本文化学科教授。
専攻は民俗学・演劇学・文化人類学。
2005年のNHK大河ドラマ『義経』の芸能考証も担当。

吉村稔子(神田外語大学外国語学部教授)=日本・東洋美術史、日本仏教絵画史


スポンサーサイト
  1. 2008/03/28(金) 19:27:18|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<検見川送信所を知る会HPがリニューアル | ホーム | 千葉市地域文化財の情報提供で、検見川送信所がNO1に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/tb.php/1841-607b22f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。