検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「廃墟紀行」に見る検見川送信所


廃墟紀行

書店で平積みされていたので、もしかしたら、「検見川送信所」も載っているか、と思い、ペラペラとページをめくってみた。

102、103ページにあった。

通信施設廃墟 千葉県千葉市
検見川無線送信所

文中では「吉田哲郎氏による設計」とあるが、「吉田鉄郎」の誤り。

また、「太平洋戦争直前には、軍用無線基地として転用され、真珠湾攻撃の暗号文『ニイタカヤマノボレ』『トラトラトラ』が送受信された等の逸話も残っている」とある。

僕も一時、検見川送信所は「ニイタカヤマノボレ」を送信したところと紹介したことがあったが、これは一種の都市伝説。送信したのは同じく千葉県船橋市の海軍行田送信所(現存せず)が正しい。

2007/08/12 検見川送信所とニイタカヤマノボレ1208

「そして戦後、電電公社に所有権を移し、南極観測船『宗谷』及び『昭和基地』との交信用として活躍した」ともあるが、送信所勤務のIさんに聞くと、これも違うという。

どんな形であっても話題でもなるのはいいことだとは思うけど、1ページの文章に3箇所も誤りがあるのはちょっと残念だなぁ。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>











去年の日記は?


2006/9/3 レッドシダーで自転車置き場作り~あとは屋根だけ




スポンサーサイト
  1. 2007/09/03(月) 13:36:06|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<●東京中央郵便局も取り壊し危機 | ホーム | ●関係者と歩く検見川送信所>>

コメント

Re:「廃墟紀行」に見る検見川送信所(09/03)

1つの記事で3か所の間違い。

「なんだかなぁ~……」って感じですね(^^;;;



まぁ、そもそも対象は『廃墟』だし、取り上げる場所や建物もたくさんあるでしょうから、ウラをとるのも大変ではあると思うんですが……。

でも、やっぱりメディアで発表するための最低限のマナーとして、事前レビューはして欲しかったですね。

  1. 2007/09/03(月) 17:05:11 |
  2. URL |
  3. まさやん0386 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:「廃墟紀行」に見る検見川送信所(09/03)

まさやん0386さん

>1つの記事で3か所の間違い。

>「なんだかなぁ~……」って感じですね(^^;;;



それ以上の思いはありますが、ちょっと我慢して書きませんでした。お察しください。



>まぁ、そもそも対象は『廃墟』だし、取り上げる場所や建物もたくさんあるでしょうから、ウラをとるのも大変ではあると思うんですが……。



>でも、やっぱりメディアで発表するための最低限>のマナーとして、事前レビューはして欲しかった>ですね。



聞き書きだけでなく、裏を取るというのは大事なことだと思います。



廃墟について真面目に取り組まれているのなら、その辺もしっかりして欲しかった、というのは偽らざる心境です。

  1. 2007/09/03(月) 22:25:04 |
  2. URL |
  3. shocota #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re:「廃墟紀行」に見る検見川送信所(09/03)

こうして見ると、情報というのはいかに曖昧か・・・ということを思い知らされますね。



活字になるとなんとなく信憑性が高いように思いがちですが、そんなことはないってことですね。





私も基本的には情報は自分の目で確かめて初めて信じるようにしています。
  1. 2007/09/03(月) 23:30:45 |
  2. URL |
  3. しぇるぽ911 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

Re[1]:「廃墟紀行」に見る検見川送信所(09/03)

しぇるぽ911さん



>活字になるとなんとなく信憑性が高いように思い>がちですが、そんなことはないってことですね。



ネットの情報よりも活字の方が信頼度が高い。これは世間一般の見方なんでしょうね。それだけ活字は責任が重いってことですね。



>私も基本的には情報は自分の目で確かめて初めて>信じるようにしています。



自分で確認できない場合は複数の情報をあたるなど、しないといけませんね。自信がなかったのなら、ソースを明らかにしてほしかったですね。



こうやって書かれたことがまた別の都市伝説を生むのでしょうね。



信じるか、信じないかはあなた次第っていうやつですか。

  1. 2007/09/04(火) 08:06:31 |
  2. URL |
  3. shocota #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/tb.php/179-20a9ba69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。