検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

送信所の絵、無線機、ジョディ・フォスター、そして、インターネット

検見川送信所の件でともに行動している河童画人さんは、送信所で月見をしようというイベントにちなんで、河童が送信所で月見をする水彩画を描いてくださった。



この絵は僕の書斎に飾らせてもらっている。送信所が建物として完全復活した折に、どこかで飾れたら、というのが夢だ。

「子供の頃から無線が好きだったんです。その思いを絵にしてみました」と河童画人さんは語る。

ブログ仲間のまさやんさんが撮影して、僕がまとめたショートムービーの中でも、その場面は登場する。好きな場面だが、編集自体は失敗している。いずれ直したいし、また河童画人さんには、勝手ながらいろんなことをお聞きしたいと思っている。



僕は男にしてメカに弱いと自認しているが、実は中学の時、無線に興味を持ったことがあった。

ただ非常に短期間の話で、無線が好きだというほどの話ではない。僕は根っからの文系で、「抵抗」「コンデンサー」やら難しい話についていけなかったのだ。



ただ、学校にあった無線機で、遠くの方と話せたという体験はすごいなぁ、と単純に思った。

無線機が出てくる映画では「コンタクト」が好きだ。



ジョティ・フォスター演じる天文学者の少女時代のエピソード。
娘と父親が無線機で交信している。壁か何かに地図があって、交信ポイントに画鋲を指していく。娘はどんどん記録を更新していくことに喜びを感じている。
こまかいセリフは忘れたが、こんな感じだった。
「星とも交信できるの?」と娘。
「ああ、できるとも」と父親。
「じゃあ、ママとは?」
ママは他界しているのだ。父親は絶句してしまう。

原作はカール・セーガンの本。原作ではどんな風に描かれていくのかは分からないが、この場面はシナリオとしてよく書けているなと感心した。



短いエピソードで家族関係、その位置、濃密さが出ている。宇宙人と交信したいという思いが天文学者という職業につながっていく。また、ヒロインはラスト近く、思わぬ形で両親と再会することになり、この伏線にもなっている。

いい映画なので、見てほしい。僕もDVDを見直そうと思った。

話は大きくずれてしまった。ともかく、中学の短い無線体験だが、いまのブログに僅かにつながっているかもしれない。

送信所をめぐる出会いは全てインターネットがきっかけだった。河童画人さんとの出会いもそうだ。

そして、さらにまた出会いがあった。高知にお住まいで元検見川無線勤務のMさんが「検見川無線30年史」という本を送ってくださった。

検見川送信所は1926年、竣工。まだじっくり読めていないが、興味深いことがたくさん載っていそうだ。

表紙をめくると、検見川送信所の絵が載っていた。局舎の前には記念碑がある。いまでは、この記念碑すら朽ちているが、当時は「検見川無線局跡」という鉄板とレリーフがあった。プレートは最近見なくなくなったが、レリーフは既になかった。

このレリーフはこの絵を元に作られていると聞いた。検見川無線全盛期の様子が伺える。

20071218163915
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/12/18(火) 16:39:15|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<検見川送信所を歩く(約5分) | ホーム | マジックアワー@検見川送信所 by GX100>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/tb.php/14-37f16324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。