検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

倉方俊輔氏講演の文章化

「検見川送信所を知る会」有志で建築史家・倉方俊輔さんの講演を文章化する作業を行っています。書き起こしはほぼ終わり、校正中です。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 20:06:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送信所ナイト報告

23日に「送信所ナイト」と題したイベントを開催しました。

昼間の見学会には約30人、夜のイベントには約40~50人、延べ70人以上に参加していただくことができました。

昨年10月27日に行った第1回イベントでは台風が直撃しましたが、今回は”春一番”という大嵐!!地元市民、建築関係者、市議では山浦衛市議(民主)の姿もありました。

見学会の模様は河童画人さんの「きょうの河童」に詳しいです。


写真が撮れなかったので、お借りします>河童画人さん。(C)河童画人さん

砂嵐の見学会で、耳の中まで砂が入っていました。夜の懇親会で顔を拭いた時は真っ黒でした。

送信所OBの方がガイドを務めてくださいました。住宅地の真ん中の荒涼たる空き地に建つ送信所の姿には「日本ではないみたい」「こんな天候の中に堂々と建っている姿に、感動を覚えた」といった声が上がりました。

一行は漁師の家「二軒半長屋」を改造したそば屋さん「ふじ竹」さんで腹ごしらえ。その後、検見川公民館で「送信所ナイト」。

記録用のビデオカメラは「こんぱすコーチの全方位日記」のまさやんさんが担当。こちらの日記をお読みください。


(C)まさやんさん

竣工当時を再現したCGの上映などを行い、建築史家の倉方俊輔さんの講演。倉方さんは「想像以上の建物で感銘を受けました」と送信所を紹介。見事な講演で、一堂聴き入ってしまいました。川村博章市議(自民)、川岸俊洋市議(公明)、さんぺい輝枝市議(民主)も大きく頷いていました。

詳しくは倉方さんのブログ「建築浴のおすすめ」をご覧ください。

荒天の中、多数の方の参加、ご協力ありがとうございました。とりいそぎの報告でした。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/25(月) 09:42:14|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

検見川送信所ポストカード

検見川送信所イベントが23日、開催されます。

詳しくは以下画像をクリックしてください。




同イベントはカンパ金にて運営しますが、カンパしてくださった方にお渡しする予定のポストカードが完成しました。

分離派建築博物館のきくちさんが製作された検見川送信所のCGアートです。


テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/18(月) 08:52:11|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉市・地域文化財情報の募集

千葉市では地域文化財の情報を募集しているそうです。
以下が要項です。
「地域のなかで古くから伝わる行事、お祭り、道しるべ、など」とありますが、検見川送信所は貴重な地域文化財でもあると思います。

千葉市のHPより抜粋

「後世に残したい地域の文化財」についての情報を求めています。


市では、先人たちが大切に守ってきた市内の文化財の情報を募集しています。

地域のなかで古くから伝わる行事、お祭り、道しるべ、などがありましたら情報をお寄せください。


1 収集期間 平成20年3月15日まで

2 募集形式 名称、所在地、なぜ文化財と考えるのかを100字程度以内でお書きのうえ生涯学習振興課まで、メールあるいは郵送・ファックスでお送りください。

書式は下記の情報提供票をダウンロードしてご利用下さい。自由書式でも結構です。

なお、後日内容調査等をさせていただく場合がございますので、お名前、連絡先もご記入ください。

(お名前、連絡先は公表いたしません。)


情報提供票   こちらからダウンロードしてください→ Word版  PDF版

記入上の留意点 こちらからダウンロードしてください→ Word版  PDF版


3 情報収集後の取扱いについて

いただいた情報は、整理・調査をした後、一定の条件がそろったものについて、文化財保護審議会に諮り、答申後、地域文化財として登録いたします。


お問い合わせ・情報送付先

千葉市教育委員会生涯学習振興課文化財係

所 在 地   〒260-8730

        千葉市中央区問屋町1-35
電   話   043-245-5962
ファックス   043-245-5993
メールアドレス shogaigakushu.EDL@city.chiba.lg.jp

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/09(土) 11:02:39|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送信所ナイトのチラシを市議に発送

送信所ナイトのチラシ、資料などを千葉市花見川区、稲毛区の市議全員に発送しました。何人が出席いただけるでしょうか。

keminight207.jpg


追伸
昨日、イベントの告知をしたところ、早速、ご返事をいただきました。ありがとうございました。
参加人数は当日まで分からないので、当方も苦労しております。たくさんの方に集まって欲しいと思っていますが…。

ご参加頂ける方はメールフォームでご連絡ください。
  1. 2008/02/08(金) 15:39:45|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送信所ナイト、2月23日(土)開催

「検見川送信所を知る会」主催イベント「送信所ナイト」が開催されます。

今回は気鋭の建築史家、倉方俊輔さんをお迎えしての講演などを予定しています。

参加ご希望の方はメールフォームでご連絡ください。

keminight207.jpg


送信所ナイト
日時:2月23日(土)18:15開演(開場:18:00)
場所:検見川公民館(〒262-0023 千葉市花見川区検見川町3丁目322番地の25)
京成・検見川駅から徒歩約8分、JR新検見川駅から徒歩10分
参加費:無料(カンパ歓迎)

第1部:映像で見る検見川送信所
18:15開演(18:00 開場)
18:15~18:20 主催者あいさつ 検見川送信所を知る会の紹介、これまでの活動報告
18:20~18:30 検見川送信所映像上映
18:30~18:50 検見川送信所竣工当時再現CG上映

第2部:建築史家・倉方俊輔氏講演
19:00~19:50倉方俊輔氏 基調講演
20:00~20:40 ミニシンポジウム「送信所の未来、利活用を語る」
※タイムスケジュールは予定

◆倉方俊輔(くらかた・しゅんすけ) 建築史家。1971年東京生まれ。早稲田大学大 学院博士課程修了。博士(工学)。明星大学、東京理科大学、早稲田大学芸術学校、NHK文化センター、早稲田大学 エクステンションセンター非常勤講師。2006年日本現代藝術奨励賞、稲門建築会特別功労賞受賞。著書に『吉阪隆正とル・コルビュジエ』(王国社)。共著に『東京建築ガイドマップ―明治大正昭和』(エクスナレッジ)、『ル・コルビュジエのインド』(彰国社)、『吉阪隆正の迷宮』(TOTO出版)、 『伊東忠太を知っていますか』(王国社)ほか。現在「日経アーキテクチュア」誌で「doconomon 100選―傍流の名建築」、「新建築住宅特集」誌で「近作訪問/時評」を連載。blog「建築浴のおすすめ」がある。

プレイベント:検見川送信所 見学会(約45分)
15:00 JR新検見川駅改札口集合
15:15~検見川送信所正面
<内容>建築家、送信所OBのガイドによる送信所ツアー

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/08(金) 00:00:01|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検見川モノクロームな日

  1. 2008/02/05(火) 09:15:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

23日(土)「送信所ナイト~文化遺産・検見川送信所を語る夕べ」

関東地方が大雪となった3日、メンバー5人が集まり、23日に行うイベントの打ち合わせを行いました。

イベントの詳細につきましては後日、お知らせします。

  1. 2008/02/04(月) 15:09:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。