検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

検見川送信所を歩く(約5分)

検見川送信所に関するショートムービーです。大昔、映画館で流れていたようなニュース映画風なクリップと最近の映像で構成しています。

動画の画質がYouTubeよりいいので、nifty動画共有サイトにアップしました。

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/12/24(月) 11:32:59|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送信所の絵、無線機、ジョディ・フォスター、そして、インターネット

検見川送信所の件でともに行動している河童画人さんは、送信所で月見をしようというイベントにちなんで、河童が送信所で月見をする水彩画を描いてくださった。



この絵は僕の書斎に飾らせてもらっている。送信所が建物として完全復活した折に、どこかで飾れたら、というのが夢だ。

「子供の頃から無線が好きだったんです。その思いを絵にしてみました」と河童画人さんは語る。

ブログ仲間のまさやんさんが撮影して、僕がまとめたショートムービーの中でも、その場面は登場する。好きな場面だが、編集自体は失敗している。いずれ直したいし、また河童画人さんには、勝手ながらいろんなことをお聞きしたいと思っている。



僕は男にしてメカに弱いと自認しているが、実は中学の時、無線に興味を持ったことがあった。

ただ非常に短期間の話で、無線が好きだというほどの話ではない。僕は根っからの文系で、「抵抗」「コンデンサー」やら難しい話についていけなかったのだ。



ただ、学校にあった無線機で、遠くの方と話せたという体験はすごいなぁ、と単純に思った。

無線機が出てくる映画では「コンタクト」が好きだ。



ジョティ・フォスター演じる天文学者の少女時代のエピソード。
娘と父親が無線機で交信している。壁か何かに地図があって、交信ポイントに画鋲を指していく。娘はどんどん記録を更新していくことに喜びを感じている。
こまかいセリフは忘れたが、こんな感じだった。
「星とも交信できるの?」と娘。
「ああ、できるとも」と父親。
「じゃあ、ママとは?」
ママは他界しているのだ。父親は絶句してしまう。

原作はカール・セーガンの本。原作ではどんな風に描かれていくのかは分からないが、この場面はシナリオとしてよく書けているなと感心した。



短いエピソードで家族関係、その位置、濃密さが出ている。宇宙人と交信したいという思いが天文学者という職業につながっていく。また、ヒロインはラスト近く、思わぬ形で両親と再会することになり、この伏線にもなっている。

いい映画なので、見てほしい。僕もDVDを見直そうと思った。

話は大きくずれてしまった。ともかく、中学の短い無線体験だが、いまのブログに僅かにつながっているかもしれない。

送信所をめぐる出会いは全てインターネットがきっかけだった。河童画人さんとの出会いもそうだ。

そして、さらにまた出会いがあった。高知にお住まいで元検見川無線勤務のMさんが「検見川無線30年史」という本を送ってくださった。

検見川送信所は1926年、竣工。まだじっくり読めていないが、興味深いことがたくさん載っていそうだ。

表紙をめくると、検見川送信所の絵が載っていた。局舎の前には記念碑がある。いまでは、この記念碑すら朽ちているが、当時は「検見川無線局跡」という鉄板とレリーフがあった。プレートは最近見なくなくなったが、レリーフは既になかった。

このレリーフはこの絵を元に作られていると聞いた。検見川無線全盛期の様子が伺える。

20071218163915

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/12/18(火) 16:39:15|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マジックアワー@検見川送信所 by GX100

検見川送信所の活動について、ある方から言われた。

「クズミさんのやっていることは素晴らしいけれども、最終的に何をやりたいのかが見えてこない」

そうかもしれないなぁと反省。

つまり、送信所を残して、何をやりたいのか?
これがアンサーになっているかは分からないけど、ショートムービーを作ってみた。



「マジックアワー@検見川送信所by GX100」(約3分)は全部デジカメCaplioGX100の動画機能で撮影。見られなかったという方、すみませんでした。実は誤字を発見したため、一旦削除していました。



僕のムービーカメラはDVテープを使用する旧タイプ。パソコンに取り込むにはケーブルを繋げてシンクロさせなければいけないので、動画を取り込むのに、時間がかかるのです。

GX100は動画がSDにデータとして取り込めるから飛躍的に楽。

詳しく調べていませんが、多分、現行のムービーデジカメは記録メディアをSDやDVDにしているはずなので、パソコンとの連携は容易でしょう。

動画の画質そのものはムービーデジカメには敵わないという印象でしたが。元がスチルカメラですから、贅沢は言っちゃいけないかも。

Caplio GX100はamazonよりも楽天の方が安かった。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 51,239円 (税込 53,800 円) 送料別

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/12/17(月) 14:03:01|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

YouTube、ニフティ共有動画サイトの画質比べ

前回の記事で紹介した動画はニフティ動画共有サイトにアップしたもの。今回はYouTubeにアップした同じ動画を掲載してみた。

まったく同じものだが、YouTubeの方が解像度が悪い。

作者にしてみると、ニフティで見ていただきたいというのが本音。これは個人的なこだわりで、見ている方は気にしないのかもしれないが。

しかし、ニフティの方が優れているかといえば、そうでもないのが不思議。以前、ニフティにアップした動画は静止画をつないだ部分にノイズ音が出ていた。原因は不明だけど、元は無音なので、エンコードの問題なんだと思う。

YouTubeにアップした動画
KEMIGAWA RADIO STATION STANDS ALONE 異空間・廃墟・検見川送信所



ちなみに、ニフティにアップしたものはスタッフがピックアップする「おすすめ動画」に選ばれた。2度目の栄誉だ。

ほぼ同時にアップしたが、12日1時15分現在、回転数はYouTube17回、ニフティは66回。

テレビや映画の人気動画ならいざ知らず、こうしたオリジナルコンテンツを見てもらうのはなかなか大変なことだ。

テーマ:youtube - ジャンル:映画

  1. 2007/12/12(水) 01:28:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

楽天ブログでいかにアクセスを伸ばすか?

「アフィリエイトでおこずかい稼ぎ」

そんなキャッチフレーズに惹かれて、ブログを始めると、割と早い段階から挫折します。



この手の本はたくさん出ていますし、僕もいくつか読みましたが、本の通りにうまくはいきませんねぇ。

僕がこの楽天ブログを始めたのはちょうど3年前の12月。かくいう僕も、アフィリエイトでお金を稼いでいる方の存在を知り、ブログでこずかいができればいいなぁと思っていました。

しかし、1か月、2か月、3か月と経っても、つくポイントは微々たるものでした。

ブロガー初心者には何度かの壁があると思います。最初は書いても、読まれないということでしょう。

文章を書くのはホネの折れる作業ですが、その労力に対して見返りはそんなには多くはない。
そのうち、イヤになってしまうわけです。

ですから、最初は自分の記録のためにブログを書くくらいの気持ちで始めるのがいいと思います。誰かが読んでいると思えば、プレッシャーにもなりますし、書きたいことを抑えて書くのでは面白くないでしょう。

自身のことを棚に上げて書きますが、僕がみなさんのブログを読んで、面白いと思う記事はなんらかしらの本気感、本音が伝わってくるものです。

逆につまらないなぁと思う記事は、アフィリエイト商品を並べているだけのものです。この人は実際には買っていなくて、本当は欲しいとも思っていないんだろうなぁと分かると、読む気すらなくします。

さて、表題の「どうやって楽天ブログでアクセスを伸ばすか」についてです。

僕はこれまで楽天ブログについての不満を書き並べてみましたが、楽天ブログにはほかのブログにはない素晴らしい点もたくさんあります。もとい、たくさんではないかもしれませんが、いい点はあります(笑)。

それはブロガー同士の交流でしょう。楽天はブロガー同士が近づけるような仕掛けをいくつかしています。

アクセス解析はないに等しいですが、「アクセス記録」を見ると、楽天ブロガーの足跡が簡単に見ることができます。(これを利用して、自動巡回でアクセスを誘引しているブログもあるみたいですが、そういうのは無視してかまわないと思います)。

また、「お気に入りリンク」という機能もあります。これに登録されると、ほかの方のブログのトップページに、更新された順に表示されていきます(右上に表示中)。同じ趣味、興味を持っている方と相互リンクできると、双方にメリットが生まれます。気になるブログがあれば、「お気に入りリンク」に登録させてください、とメッセージを送るのもいいかと思います。事情がない限り、相互リンクしてもらえるのではないでしょうか?

この「お気に入りリンク」は最大50件までしか登録できませんが、50のブログと相互リンクできるようになると、アクセス数も変わってきます。

もし、50件に満たないのでしたら、これを埋める努力をされてみたらいかがでしょうか?


楽天から新ブログに移ります。以後、ブックマークをしていただければ幸いです。

検見川レイディオ
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/



検見川送信所についての動画↓










去年の日記は?


2006/12/11 隠れ家作り(60)~一体、いくら使ったのか



  1. 2007/12/11(火) 00:00:00|
  2. 楽天ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

検見川送信所について

musenhozon.jpg

2007年7月、サイクリングしていたとき、検見川無線送信所(千葉市花見川区検見川町)に出会いました。

不思議な光景でした。住宅地の真ん中に野原が広がり、その一角に送信所は寂しげに、しかし、力強く建っていました。



送信所は80年以上、ここに建っていたのです。

20世紀初期、世界の通信は海中ケーブルを持つイギリスが優位に立っていました。しかし、無線技術の発展により、状況が一変します。植民地を持つ先進国が国家事業として、無線基地の建設に乗り出したのです。そんな中、日本もアジアの通信網を掌握しようと、送信所の建設を決めたのです。

検見川は(1)東京近郊にあり、(2)平地だったことから、建設地にはうってつけでした。当時は埋め立て前で、目の前には東京湾を望むことができたそうです。地主たちはこの国家事業に協力し、膨大な敷地を提供しました。

1923年9月1日の関東大震災の影響を受け、日本の通信計画は縮小されましたが、1926年、検見川送信所は完成。設計を手がけたのは後に東京中央郵便局、大阪中央郵便局などで知られる逓信省営繕課の吉田鉄郎氏。建物のデザインはシンプルですが、角に丸み、窓のアーチがあるのが特徴。ドイツ表現主義風の影響を受けている、と言われます。また、その構造は艦砲射撃にも耐えうるように作られた、とも聞きました。

洋風な建物は古い漁師町だった検見川町で異彩を放っていたようで、「白亜の局舎」と呼ばれていました。

送信所は当時、ハイテク最先端の場所で、短波、長波、標準電波の研究が行われ、国産初の無線機J1AAを開発するまでにいたりました。

1930年(昭和5年)10月27日に日本初の国際放送を成功。時の首相の浜口雄幸氏の平和の声を米英に届けたのです。

戦時中は軍事利用され、植民地への放送を行ったようです。しかしながら、終戦の日、資料はすべて焼かれ、詳しい資料は現在残っていません。

千葉市は太平洋戦争で2度に渡る大規模空襲を受けましたが、送信所はその被害からも免れました。ある人は「米軍は占領した際の拠点にしようと思ったのではないか」とも言います。


開局当時の検見川無線送信所

しかし、1972年(昭和53年)、通信事情の変化と周辺の宅地化に伴い閉局。無人化した局舎はやがて廃墟となりました。

数奇な運命を辿った無線局は貴重な近代化遺産ですが、千葉市は同所を中学用地と決めており、計画通りに進めば、取り壊されることになります。



僕はこの建物をなんとか残したいと思い、仲間とともに「検見川送信所を知る会」を結成。この
建物の本当の価値を学び、伝えるための活動を行っています。

この趣旨に賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>



「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のフォームからお申し込みください。

メルマガ登録・解除 ID: 0000246340
検見川送信所J1AA通信
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/12/10(月) 00:52:33|
  2. はじめに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検見川送信所に国境はない

みなさん、お久しぶりです。1週間ほど日記を溜めてしまいました(汗)。

先日、検見川送信所でお会いしたフランス人カメラマンのルイさん。ひょんなところで再会した。

11/27 フランス人も知っている検見川送信所

といっても、ネットでのお話。

YouTubeでルイさんのチャンネルを発見。この中に当日、ルイさんが撮影した検見川送信所の動画もあった。

僕はここにメッセージを書き込み、僕が作った英語圏向けのショートムービー(↓クリックすると、リンク先に飛ぶ)を紹介した。



すると、この動画にメッセージをいただきました。

very nice and interesting project, indeed, Kemigawa radio transmitter deserves to be saved.
Such a nice place and historic place for Japan
(とてもナイスで、興味深いプロジェクトです。本当に。検見川送信所は保存に値します。ナイスな場所で歴史的な場所ですね)
↑訳はテキトー。

日記を書いている12月8日はジョン・レノンの命日。
ジョンも言っている。

国境なんてない、てね。


ジョン・レノン イマジン ポスター 

You may say I'm a dreamar
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one

僕はジョンほどの深い考えはなく、楽しいことをやろうってことなんですが。

検見川送信所についての動画↓




musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/12/3 隠れ家作り(38)~雨樋の逃げの部分




  1. 2007/12/03(月) 00:00:00|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

検見川送信所、YouTubeで公開中

「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」の模様を7分半のショートムービーとしてまとめた。

ただいま、YouTubeにて公開中。



この日のビデオは某テレビ局の番組で取り上げてもらえるはずだった。しかし、持ち込みから1週間後、担当の方から「編集者からストーリーが作れないと言われました。申し訳ありませんが、今回は見送らせていただきます」との電話が入った。

撮影したのはブログ仲間のまさやんさん。その場で急きょお願いしたものだった。放送されないことよりも、まさやんさんにどう告げたらいいのか、このことの方が僕にとっては気になった。結局、正直に告げたけど。

当日は台風で肝心かなめの「送信所でお月見」の部分がない。しかも、映像のほとんどは講演と出席者のしゃべりである。そう考えると、編集が難しいところもある。

テレビ局の担当の方は、持ち込み映像の撮影のコツを伝授してくれた。

1)カメラは固定する
2)同じ構図で15秒以上撮る
3)ズームは使わず、寄って撮る


なるほど。これはこれで教訓になった。そういわれると、この”コツ”から外れている映像も少なくない。しかし、僕はこう思う。手ぶれ、ズームはカメラマンのエモーション(感情)である。スティーブン・ソダーバーグ監督の「トラフィック」、テレビドラマ「24」なんて、手ぶれしっぱなしだ。


トラフィック
ロスで見た。英語でよく分からないところもあったが、面白かった。帰国後、さらに字幕付で見た。


シーズン5まで見たが、6はまだ。このシリーズに外れなし。


24 TWENTY FOUR シーズン6 DVDコレクターズボックス

ともかく、この映像を日の目に当てたいという思いがずっとあった。

まずは、まさやんさんにお見せしたく、4分半の暫定版をニフティの動画共有サイトにアップしたところ、ニフティのオススメ動画にピックアップされた。

可愛らしい猫の映像に交じって、検見川送信所のドキュメンタリーがラインナップされている(笑)。こっちはあくまで未完成版だが、それでも見てもらえれば、うれしい。(というのも、静止画の部分に、あるはずのないノイズがある。原因は不明)僕のお薦めは7分半のバージョンの方ではありますが。



musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/12/2 隠れ家(工房)作り(36)~全体像はこんな感じ



  1. 2007/12/02(日) 00:00:00|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。