検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●稲見一良「花見川のハック」

電車の行き帰りが読書タイムだったが、送信所イベントに合わせて、小説を書いたり、イベント用にブログの文章を書いていた。しばらく先もこんな感じだろう。

ちょっと活字に飢えていた。で、稲見一良さんの「花見川のハック」。ブログ仲間の慧俊さんに紹介された小説である。



残念ながら絶版。稲見さんは大阪出身でドキュメンタリーの監督などを経て、その傍ら、作家活動。千葉市花見川区を舞台(実名でないときもあるが、モデルであることは確か)に多くの短編小説を中心に書き、94年2月にガンの闘病の末、亡くなった。

僕はその名前すら知らなかったのだけど、ネット検索すると、「もっと知られてもいい作家」とみなさんが書いている。その通りだと思う。死後10年過ぎただけで、絶版がいくつもあるのは寂しい。そんな風に思ったのは僕だけじゃないようで、光文社文庫からは復刊もされている。

稲見さんの小説を単純に言えば、ハードボイルド・ファンタジー。銃、狩猟、焚火といった男くさい世界の中に、メローな世界が溶け込んでいて、読後感がいい。

最大の特徴は劇中に度々出てくる「鳥」に象徴される飛翔、飛躍だと思う。物語はハードボイルドで始まるが、最後は必ずといっていいほど飛翔する。文字通り、大空に飛び立つこともあれば、話のタッチがファンタジーに変わることもある。これは宮崎駿にも通じる世界だと思う。

それはガンに侵された男の願望でもあったのだろう。自由でありたい。そう思ったに違いない。あるいは、この世との惜別の思いのような気がする。

「花見川のハック」は晩年の作品で正直、その質を問えば、玉石混合かもしれない。しかし、そこには苦しみながらも生きようとした男の軌跡が描かれている。

父親として、ご子息に何かを残こそうとした意思がはっきり見える。すごく私的な物語、遺言集なんだろう。たが、ひとつの小説として成立しているのは、稲見さんの作家としての力量である。父としての思いには普遍性がある。

父と息子の関係を描く「煙」という短編のラストで、稲見さんはこう書く。

パパはそれから十年生きた。再発を繰返して、三度腹と胸を切った。パパは衰弱しきった顔でぼくを見詰めながら、
「ああおもしろかった」
と一言言って死んだ。


パパとは闘病する自分自身の姿である。これが死を覚悟して書いた晩年の作品だ。陳腐な言葉だが、すごいなと思う。こうはなかなか書けない。

稲見さんにとって、人生とはハードボイルドであり、夢のようなファンタジーだったのではないか。つまり、小説世界そのものが稲見さんなのだ。

僕のブログ読者は花見川区の方も多いので、最後に表題に触れたい。

検見川は「華見川」とも書く。つまり、検見川と花見川は同一の意味だ。この花見川は和歌に詠まれるなど町の歴史は古い。しかし、日本文学の中で検見川が登場することはほとんどなかったのではないか。

稲見さんは花見川の良さを見い出し、日本中に紹介した貴重な作家だ。その意味では花見川の住民にとって、大事にすべき作家だと思う。

「花見川のハック」は花見川をホームにする少年の不思議な冒険譚だ。ハックは主人公の名前であり、ハックルベリーに由来する。

稲見さんは花見川をミシシッピー川に例える。花島町の自然は美しく、雄大さも持ち合わせている。花見川区民なら、この小説を読めば、自分の町が好きになるだろうし、縁がない人なら花見川を見たいと思うだろう。

検見川送信所に続き、僕が掘り下げてみたいのが、この稲見さんなのだ。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所
日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」

10月27日(土)午後3時~、新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場

イベントの様子は11月14日(水)の「ニュースC-master(ニュース・シーマスター)」(月~金曜、夜9時から9時55分)で 約10分間、特集されます。千葉近県の方はぜひ見てください。

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/31 勝手口のペイビング



スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 00:01:00|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

●安藤忠雄「連戦連敗」

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


連戦連敗
本体価格 2,400円 (税込 2,520 円)

この連戦連敗こそが、安藤忠雄のキーワードなんだと思う。

現代建築の雄が?とギャップを感じる人も少なくないと思うだろうけど、実際に連戦連敗なんだそうだ。

つまり、大きな施設などは施主が条件を出し、建築家のコンペで決まる。出した図面が気に入られれば、面接に呼ばれたりして、プレゼンを行う。

骨身を削った仕事も、コンペに勝たなければ、ただなのだから、建築家はタフな仕事だ。

連戦連敗とは自虐の言葉であるが、同時に、安藤氏の決意、開き直り、力強さを感じる。つまり、これは挑戦者としての決意表明なんだと思う。

安藤氏は長らく不遇の時代を送った遅咲きの建築家ルイス・カーンの生き方を紹介し、最後にこう結んでいる。


マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して(DVD) ◆20%OFF!

生きるとは何か、人間の生とは何か。その答えは一人一人が、それぞれの生き方を通じて表すものである。私もできるならば、カーンのように闘い続ける生き方を選びたい。自分の信じる道を最後まで貫き通したい。

カーンの遺した言葉の中に、私が目にした中で最も気に入っているものがある。

「創造とは、逆境の中でこそ見い出されるもの」


元ボクサー。ファイトマネーで世界を放浪し、独学で建築を学んだ安藤氏にとって、「建築は闘いだ」という。全身全霊を捧げるのが建物だ。

しかし、安藤氏の考えがすごいとは思わない。建物は人々が日々暮らす場所であるから、むしろ、当然なんだと思う。闘いの産物が建物でなければならない。

もっとも、全てのプロフェッショナルと呼ばれる人にとって、仕事というのは闘いである。人様から金をもらうということは、そういうことだ。

僕も安藤氏と同じく連戦連敗だ。そして、不名誉ながら、その記録を更新中だ(汗)。

楽天で安藤忠雄を探す。









去年の日記は?


2006/8/24 ゼラニウム定点観測





  1. 2007/08/24(金) 16:27:04|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

●鉄道連隊の回想録~「戦場にかける橋」

午前中、台風の影響で雨。自転車で出かけることもできないので、中央図書館に出かけた。

「千葉空襲写真パネル展」という企画展を行っていた。パネル自体は千葉市が発行している冊子(ネットでもPDFファイルで読むことができる)の拡大版といった内容だが、参考文献なども自由に読めるようになっている。

その中に鉄道連隊OBによる回想集があった。題名は忘れたが、創立百年を記念して作られたもので、わら半紙を折って、冊子にしたものだった。

ちょうど鉄道連隊について書いたばかりということもあって、パラパラとめくってみた。残念ながら閲覧のみ、コピー不可だった。

ご年配なので、少し文語調。しかも一般の方が書かれているということもあり、決して読みやすくはないのだが、その分、生々しく、興味深かった。

鉄道連隊は日清戦争後にその前身が作られ、1907年10月に連隊に昇格。08年11月に連隊本部と第1大隊が千葉町椿森に置かれた。国内外の鉄道建設を行ったが、一番有名なのは、連合軍による泰緬鉄道の橋爆破を描いた映画「戦場にかける橋」での姿かもしれない。


泰緬鉄道をゆく


DVD 戦場にかける橋 (7/25 発売予定)

この回想録の中で、ある人は、この映画について怒る。

この映画は小説が原作だが、事実よりもフィクションの方が有名になってしまった。この映画では日本人は無能のごとく描かれた。それが無念でならない、と。

確かにこの方の怒りは分かる。

原作者ピエール・ブールは有色人種に捕虜になり、懲罰による屈辱を受けたことが悔しかったようで、その恨みを小説にぶつけたらしい。

映画化にあたっては日本人との友情に似た感情が生まれるとの描写に不満を持ち、後年、SF映画「猿の惑星」で、日本人を猿として描くことで鬱憤を晴らしたという説も。ってことは原作よりは映画の方がマシな描き方のようだ。

ちなみに、「猿の惑星」。チャールトン・ヘストン版はこちら。


猿の惑星

ティム・バートン版はこちら。


<新生 BEST HITS>PLANET OF THE APES[DVDソフト] 猿の惑星

また、英捕虜との思い出を書いたものもあった。なんとなく「戦場のメリークリスマス」を連想する。

同じく泰緬鉄道に従事していた方の話。

捕虜のリーダーに、日本語も少しできて、人なつっこい笑顔を浮かべるイギリス人がいたそうだ。

ある日、身の上話をする。

「貴様の階級は何か?」
「アナタサマサマ、ワタシはスコシスコシ士官ネ」
スコシスコシ士官。つまりは見習い。

徴集された彼は出兵後すぐに捕虜になったという。国に帰れば、士官の階級は保証されているのだという。

筆者も、徴兵された身。職業軍人ではなかった。家に帰れば、普通の男に戻る。敵ながら、親しみを覚えた。

以来、彼は筆者を「レフテナント(中尉)」、筆者は彼を「サマサマ」と呼ぶようになる。出会ったときは、戦況がそれほど緊迫していなく、「元気か?」「大丈夫ね」なんていう会話も日常的に飛び交ったようだ。

ある時、連合軍の空軍による攻撃を受ける。今までにない超低空飛行だ。

筆者は、日本人にはジャングルの中に隠れるよう、捕虜たちには路盤の上でじっと動くなと命令した。

飛行機はジャングルの方へ掃射する。そして、2回目。しかし、3回目の攻撃で突然、違う方向を銃を向けた。そして、4回目の攻撃を終えると、去っていった。

敵機の思わぬ方向転換は、サマサマが機転を効かせて、違う方向を指さしたからだった。筆者を助けたのだ。

筆者はサマサマの人間的な大きさに感服する。本来ならば、逆の行動もあったはず。しかし、この件について、サマサマとは話せなかった。すれ違ったときに以心伝心で通じるものがあったと振り返る。

その後、別の現場で再会したが、戦況は厳しく、捕虜と気楽に会話できるような状況ではなかった。その後のサマサマの行方は知らないが、鉄道連隊というと、真っ先に彼のことを思いだす、と文を締める。

回想録の題材としてはユニーク。普通だったら、戦友との思い出を書くだろう。

「戦場にかける橋」に悔しいと思うのも、真実ならば、敵に友情を覚えるというのも真実なのだ。







去年の日記は?


2006/07/15 3mプール!



  1. 2007/07/15(日) 21:30:07|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。