検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石碑は語る~千葉工業高校校歌に見る検見川送信所

4月20日、検見川送信所を知る会で会合を持ちました。メンバーは地元住民、送信所OB、建築関係者、地元自治会関係者、放送関係者ら計8人。4時間に渡り、今後の活動方針などを話し合いました。

保存運動を成功させてきた建築関係の方からは、地元の目線が大事だということが強調されました。

つまり、地元が建物に対して、いい印象を持たなければ、運動はうまくいかない、と。たとえば、お掃除隊のようなものを結成し、手弁当で町の美化に努める。市当局、地元自治体の理解が必要となりますが、やる価値は大いにあるでしょう。今後、詳細を詰めていくことになります。

また、送信所と町の関わりについては興味深いお話が。

送信所全盛期は無線塔が十数個立ち並んでいました。海岸が埋め立てられる前、検見川町は漁師町。漁師たちは無線塔を灯台代わりに港に戻ってきたそうです。送信所は定時のサイレンなども流していたそうで、畑や会社勤めをしている人々は時刻を知る手立てにもなっていたそうです。町と検見川無線は今よりも密接な関係にあったんですね。

閉局して30年。それらはすっかり過去のものになりましたが、新検見川駅からほど近い場所で、町民と送信所の密接な関わりを記す石碑が残っています。ここで学んだ方々の有志が校歌を刻んだものです。



現在、花園中学校がある場所です。ここには千葉県立千葉工業高校がありました。


大きな地図で見る


千葉工業高校HPより

千葉工業高校は昭和14年1月25日、千葉市寒川から花園町1108番地に移転。校歌は同年9月7日、作詞大木惇夫氏、作曲乗松昭博氏に制定されました。

千葉市2度目の大規模空襲「七夕空襲」(20年7月7日)の際に、校舎の約4分の3が焼失したそうで、その後、千葉市稲毛町日本バルブエ場付属青年学校を借用して授業を再開しました。

以下は校歌の4番の抜粋ですが、工業高校だけに、「ダイナモ」「ハンマア」といった言葉が織り込まれています。そして、最後は「無線塔を高空に、仰ぐ希望の光、われら」と結ばれます。



昭和14年当時、校舎からは無線塔がよく見えたでしょうし、ハイテク施設だった送信所に就職を希望した人、実際に働くことになった人も少なくなかったのでは、と考えられますね。

musenhozon.jpg
賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://kemigawaradio.web.fc2.com/" target="_blank"><img src="http://moleskine.air-nifty.com/photos/sozai/banner.jpg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/05/07(水) 20:17:27|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:11

「検見川送信所を知る会」HPメディア・レポート更新

リニューアルされた検見川送信所を知る会HP。早速、記事が追加されました。ウェブデザイナーのまさやんさん、ありがとうございました。

送信所ナイトを紹介してくれた「千都よみうり」(4/12号)の情報の追加。

メディア・レポート

これを機に、僕の怠慢で作業をしていなかった「朝日マイタウン情報」の記事もスキャンしました。クリックしていただくと、記事を読めるサイズになります。



スキャンにはキャノンのMP610というプリンターを使っています。年賀状の印刷からスキャン、コピーと大活躍。再生処分品だと、こんなに安いんですねぇ。僕が買った新品(@ヤマダ電機)は2万3000円くらいだったと思います。


〓MOON〓50台限定☆再生品処分■送料無料15990円■キャノンプリンター複合機PIXUS MP610■再生品

キヤノンのプリンターはこちら

musenhozon.jpg
賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://kemigawaradio.web.fc2.com/" target="_blank"><img src="http://moleskine.air-nifty.com/photos/sozai/banner.jpg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/20(日) 03:06:04|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検見川送信所を知る会HP紹介ありがとうございます

検見川送信所を知る会HPへのリンクや紹介ありがとうございます。

当方が確認しているのは以下2つのブログ及びサイトです。

きょうの河童
リニューアルの紹介記事

分離派建築博物館
リンク集への追加

リンクやご紹介いただいた方にお願いです。同ページにトラックバックを投げてくださると、幸いです。

ウェブ・デザイナーのまさやんさんのブログでは、製作裏話を掲載中です。

musenhozon.jpg
賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://kemigawaradio.web.fc2.com/" target="_blank"><img src="http://moleskine.air-nifty.com/photos/sozai/banner.jpg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/17(木) 19:30:52|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検見川ナイトの模様が「千都よみうり」(4/12)に

検見川送信所を知る会HPがリニューアルされたことでにわかに活気づいてきました。2か月以上に渡って、製作にご尽力いただいたまさやんさんには感謝の言葉もありません。

僕の方からも報告です。

検見川送信所の利活用を訴える「送信所ナイト」の模様が12日配布の地元のタウン紙「千都よみうり」に掲載されました。



検見川送信所については送信所ナイトで基調講演をされた建築史家・倉方俊輔氏が以下のように話してくださいました。



検見川送信所は、実際に見ても非常に印象的です。正面から見るのもいいですが、横から見ても後ろから見ても、非常に表情が変わる。それはなぜかというと、屋根の高さがいろんな高さに組み合わさっていて、山並みを見るように、それが角度によって姿を変える。角を丸くしている上に、上の方まで丸くしている。すごい手間がかかっているのです。なんで、ここまでやるんだ、というくらい手間をかけて建築に統一感を与えています。それが人の視線によって違った表情を見せます。

角のカーブはあるところでは強く見えるし、ある角度ではあまり感じない。シンプルだけども、これほど歩く角度によって見え方が変わる建物はそうないと思います。中をどうするかという問題を置いておいても、建物の周りを歩けるようにするだけでも、価値があります。周りの住宅地の人々の視線、あるいは町の見え方というのは全然、変わってくる。検見川送信所はそういう価値のある建物であるということが実際に目にしてよく分かりました。

詳細はこちら

角度によって表情を変えるのがユニークである、と倉方氏もおっしゃっています。それをグーグルマップなら、写真で説明できると思い、以下のようなものを作ってみました。バルーンマークをクリックすると、写真を見ることができます。ありものの写真で統一感はありませんが、ある程度、理解いただけるかと思います。


大きな地図で見る

musenhozon.jpg
賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://kemigawaradio.web.fc2.com/" target="_blank"><img src="http://moleskine.air-nifty.com/photos/sozai/banner.jpg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/17(木) 16:43:46|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検見川送信所を知る会HPがリニューアル

検見川送信所を知る会HPがリニューアルされました。クールなHPになりました。製作はまさやんさん。



バナーも新しくなりました。

musenhozon.jpg
賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://kemigawaradio.web.fc2.com/" target="_blank"><img src="http://moleskine.air-nifty.com/photos/sozai/banner.jpg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

検見川送信所を知る会HP

新コンテンツとしては、建築史家・倉方俊輔氏の講演。倉方氏監修による文章化です。



グーグルマップで「千葉近代建築マップ」を作成していますが、こちらにはYouTubeでアップした映像を張りつけます。こんなこともできるんですね。すごいぞ、グーグルマップ。


大きな地図で見る

2008年2月23日に行われた「送信所ナイト」の模様。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/17(木) 01:39:33|
  2. 検見川送信所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。