検見川レイディオ

廃墟となっている文化遺産・検見川送信所を中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大阪にて

大阪に来ました。USJがオープンした時以来だから、何年ぶりだろう。7、8年ぶりか。

夕方まで長い会議。一泊して、明日はある施設の見学会。

あまり、時間はないけれど、検見川送信所を手掛けた吉田鉄郎氏の最高傑作と言われる「大阪中央郵便局」だけは見に行きたいと思います。

写真は、とあるビルから。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>











去年の日記は?


2006/9/12 レッドシダーで自転車置き場作り~SPF登場





スポンサーサイト
  1. 2007/09/13(木) 18:35:10|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

●取り壊しから一転、再生となったアートプラザ

旧大分県立大分図書館から装いを新たにしたアートプラザは市民ギャラリー、制作室を持つ施設だ。作って飾ろうという2つの機能を持つという点は安藤忠雄氏の直島と同じ発想だ。


正面から撮影
大分県大分市荷揚町3-31
TEL:097-538-5000 
FAX:097-538-5060
公式サイト 

メーンの入り口は長いゆったり傾斜のスロープを上がった2階。



最大の目的は磯崎新氏設計の模型、パースを展示する3階磯崎新建築展示室。

入場は無料。土曜だが、客は僕1人。「建物が残った 近代建築の保存と転生」を読んできたというと、受付の女性(美人)は「こういう風に残り、よかったです。建築関係の方ですか?」と聞かれた。やはり、建築関係者の来訪が多い、という。

このアートプラザへの保存・再生のきっかけも日本建築学会がアクションを起こしたことだった。

僕は建築関係ではないが、同じく取り壊しの危機にある検見川送信所を保存したいと思っており、参考にさせていただくためにやってきたと言った。

08年4月から運営は市から民間に移った。掲示板には、そのお知らせと利用者の声が載っている。

掲示するくらいだから、当然好意的なものばかりなんだけども、「感じがよくなりました」などとある。






現在、展示しているのは「磯崎新の最近作-日本・中国・ヨーロッパ・中東-」(08年1月末)。作品は磯崎氏らしい大胆な外観が多いが、逆に景色に馴染ませる試みも行っている。最近の建築界の流れは、主張する時代からいかに環境に合わせるかという流れになっているのかもしれない。

3階展示室の入場は平日30人程度というから多くはない。展覧会そのものは面白く、もっと見られてもいい気がする。



こういうギャラリーでは、撮影禁止が多いが、「撮影ご希望の方はお声がけください」とある。

聞いてみると、ネットでの公表は不可だが、個人利用であれば、撮ってもいいのだという。撮影はしたが、残念ながら内部はお見せできない。興味を持った方はお出掛けください。

建物が残った 近代建築の保存と転生
本体価格 2,800円 (税込 2,940 円)

写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 56,000円 (税込 58,800 円) 送料別

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>











去年の日記は?


2006/8/29 浸透性塗料インウッド シダー色





  1. 2007/08/29(水) 02:50:08|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

クズミコウ

Author:クズミコウ
検見川送信所(千葉市)は1926年竣工。東京、大阪の中央郵便局を手掛けた吉田鉄郎氏が設計。1930年には浜口首相の演説を米英に向け放送。これが日本初の国際放送となりました。しかし、今ではこうした事実が忘れ去られ、現在は廃虚。所有者である千葉市は将来、取り壊すことを決めています。

詳しくは検見川無線送信所について

地元有志と「検見川送信所を知る会」を結成し、建物の価値を広め、利活用を提案する活動を行っています。活動は朝日マイタウン、朝日新聞、千葉テレビ、千都よみうりで紹介されました。

これまでの報道記事

「検見川送信所を知る会」では、メンバーを募集しています。検見川送信所のことを知りたい、残したいと思われる方はぜひ。
詳しくは入会案内をご覧ください。入会は無料です。

検見川送信所に関するメールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を発行しています。

メルマガ登録・解除
検見川送信所J1AA通信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

カテゴリー

最近の記事

【オススメ】Moleskine

最近のコメント

月別アーカイブ

楽天SHOP

Amazon人気商品

フリーエリア

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。